「クレジットカード現金化」という言葉を聞いたことはありますか?この仕組みが一体何なのか、そしてそれが違法なのか合法なのか、疑問に思ったことはありませんか?

クレジットカードを持っていれば、審査を受けずに、最短で即日に現金を手に入れることができ、急な資金が必要な際に頼りになる手段として知られています。

しかし、クレジットカード現金化にはリスクが潜んでおり、注意が必要です。適切な対策を講じずに利用すると、クレジットカードが使えなくなるかもしれません。

ここでは、クレジットカード現金化の定義や仕組み、現金化のリスクと対策について説明します。クレジットカード現金化に不安を感じる初心者や、リスクを最小限に抑えたい人にとって、参考になる情報となるでしょう。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの「ショッピング枠」を利用して現金を手に入れる仕組みです。
クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があり、キャッシング枠は借金をするために使われますが、ショッピング枠は通常、商品の購入に使われる枠です。

しかし、後で説明する「買取方式」と「キャッシュバック方式」などを用いることで、ショッピング枠を現金に換えることができるのです。

さらに、クレジットカード現金化は、通常のカードローンのような審査を受ける必要がなく、専門の現金化業者を通じて利用することで、即日に現金を手に入れることができます。

クレジットカード現金化の目的は何か

クレジットカード現金化を利用する目的はさまざまですが、その一つとして「借金せずに現金を手に入れ、手軽に資金を調達する」という点が挙げられます。
クレジットカード現金化は、クレジットカードを持っているならば、審査なしで最短即日に現金を手に入れることができます。この仕組みはクレジットカードを使った通常の買い物と同じです。借金として記録されず、支払い期日内に返済すれば問題ありません。

このように、手元に現金が不足しており、友人や家族から借りることが難しい場合、かつカードローンも利用できない場合、クレジットカード現金化は最後の手段として活用できるでしょう。

クレジットカード現金化は合法なのか

クレジットカード現金化を行うことや、法令を遵守して営業する現金化業者は違法ではありません。行為そのものを考えると、カードを使って買い物をし、不要になったカードを売却しただけのことです。合法な業者を通じて現金に換金しただけです。
ただし、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に反する行為です。現金化を目的としたカードの使用が発覚すれば、規約違反としてカードの利用制限やショッピング枠の削減などのリスクが存在します。

したがって、クレジットカードを現金化する場合、絶対にカード会社にバレてはならないことを心がける必要があります。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化には、キャッシングやカードローンと比較して以下のメリットがあります。

審査や在籍確認が不要

クレジットカード現金化を利用する際、キャッシングやカードローンのような審査や在籍確認は一切不要です。
つまり、収入や職業、年齢などに関係なく、クレジットカードのショッピング枠があれば、誰でも現金化を利用することができます。

最短で10分から即日に現金が手に入る

クレジットカード現金化を利用すると、業者を通じれば最短で10分から現金を受け取ることができます。
申し込みから商品の売却、現金の受け取りまで、全てオンラインで完結するため、実際に店舗に行く必要がありません。ほとんどの現金化業者は24時間申し込みを受け付けているため、必要な時にいつでも申し込むことができます。

信用情報に影響を与えない

クレジットカード現金化は借金として処理されないため、通常の利用と同様に信用情報には影響を与えません。信用情報には借金の履歴ではなく、クレジットカードの利用履歴が記録されるだけです。
将来的に新しいクレジットカードを発行したり、ローンを組む予定がある場合、クレジットカード現金化を利用することで、信用情報をクリーンに保つことができます。

総量規制の対象外

総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れができない法律です。既に年収の3分の1以上を借りている人は、新たにキャッシングやカードローンでの借り入れができません。
しかし、クレジットカード現金化は借り入れではないため、総量規制の対象外です。既に借金が多い人でも、クレジットカード現金化を利用して現金を手に入れることができます。

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化には、メリットだけでなく重要なデメリットも存在します。
メリットとデメリットをよく理解した上で、慎重に利用を検討しましょう。

換金率と手数料がかかる

クレジットカード現金化を利用する際、ショッピング枠の一部を現金化に充てると、必ず換金率や手数料が発生します。
換金率とは、ショッピング枠を現金に換えた際に手元に残る現金の割合を指します。例えば、ショッピング枠10万円を換金率80%で現金化した場合、8万円が利用者の手元に残り、残りの2万円は手数料として業者に支払われます。一般的な現金化業者の換金率は65%から85%の範囲にあります。

この仕組みから、より多くの現金を手元に残すためには、「できるだけ高い換金率で現金化する方法」を考えることが重要です。

ショッピング枠を超えて利用できない

クレジットカード現金化では、ショッピング枠の上限までしか利用できません。
例えば、クレジットカードのショッピング枠の上限が30万円の場合、30万円が現金化に利用できる最大金額です。それ以上の現金が必要な場合は、他のクレジットカードを利用するか、後払いアプリなど別の方法で資金を調達する必要があります。

カードの利用停止などのリスクがある

先述したように、クレジットカード現金化がカード会社にバレると、カードの利用制限やショッピング枠の削減などのリスクがあります。カード利用停止になれば、ショッピングやキャッシングができなくなるだけでなく、残債を一括返済するよう求められるかもしれません。
特に、業者を介さずに自分だけで現金化を行う場合、カード会社にバレやすくなるため、リスクを最小限にするための対策が不十分になりがちです。

クレジットカード現金化業者のメカニズム

現金化業者は、クレジットカードの現金化を支援するオンライン企業です。
クレジットカード現金化には、本来、商品を選んでクレジットカードで購入し、それを売却して現金化する手続きが必要ですが、現金化業者を利用すれば、スタッフのサポートを受けながら手続きを進めることができ、現金化が初めての人でも迷うことなく行えます。

現金化業者には主に2つのメカニズム、「買取式」と「キャッシュバック式」があります。利用者は現金化業者に依頼し、どちらかのメカニズムを使用してクレジットカードのショッピング枠を現金に換えます。

「買取式」のメカニズムと現金化手順

買取式は、「クレジットカードで換金可能な商品を購入し、それらの商品を売却して現金化するメカニズム」です。
【買取式の現金化手順】

  1. 業者のウェブサイトの特設フォームから申し込み
  2. 電話連絡で申し込み内容を確認
  3. 業者が指定した商品を購入
  4. 商品を業者に買い取ってもらい、現金を振り込み

クレジットカードで購入した商品は、業者が即座に買い取り、利用者は商品を所有せずに済みます。

「キャッシュバック式」のメカニズムと現金化手順

キャッシュバック式は、「クレジットカードで商品を購入した際、現金化業者から現金のキャッシュバックを受け取るメカニズム」です。
【キャッシュバック式の現金化手順】

  1. 業者のウェブサイトの特設フォームから申し込み
  2. 電話連絡で申し込み内容を確認
  3. 業者が指定した商品を購入
  4. 業者から現金キャッシュバックを受け取り
  5. 業者から郵送された商品を受け取り

キャッシュバック式では、商品の購入証拠が必要ですので、業者から送られてくる商品は必ず受け取る必要があります。現金化を秘密にしたい場合は、商品を自宅以外の場所で受け取るようにするか、局留めやコンビニ受け取りなどの方法を選択しましょう。

現金化業者を利用しないリスクの高さ

クレジットカードで購入した商品を売却して換金する方法では、業者を介さずに自分で現金化することもできます。
しかし、業者を使わないクレジットカード現金化は、現金化に必要な手続きやカード会社にバレないための対策、すべてを自分で行う必要があります。自己流で現金化を試みたり、対策を不十分にしたりすると、以下のようなリスクが生じることがあります。

  • 手間や時間がかかる可能性が高い
  • 現金化がカード会社にバレやすい
  • 高い換金率が保証されない

なぜなら、業者を使わない現金化は、商品の選定からクレジットカードでの購入、高値で売却するタイミングなど、すべての手続きを自己責任で行う必要があるからです。

手間や時間がかかる可能性が高い

クレジットカード現金化は、商品の選定、商品の購入、高値で売却するための手続きなど、煩雑な手続きが伴います。業者を介さずに自分で行う場合、これらの手続きに非常に時間と労力がかかります。特に現金化が初めての場合、即日の現金化は難しいことがあります。

現金化がカード会社にバレやすい

カード会社は、不正利用を防ぐために、会員のカード利用を厳密に監視しています。そのため、カード利用履歴に現金化の取引が頻繁に現れれば、カードが即座に停止されることもあります。高額な商品や換金性の高いギフト券などを連続して購入した場合、疑わしいと判断されやすいです。
業者を使わない現金化は、これらの高換金率のアイテムを頻繁に購入するため、バレやすい傾向があります。

高換金率が保証されない

一般的なクレジットカード現金化の換金率は、65%から85%の範囲内です。
業者を介さずに現金化を行う場合、選んだ商品によって換金率が大きく異なることがあります。しかし、商品の買取価格や売却タイミングによって、実際の換金率が期待より低くなることもあります。

クレジットカード現金化のリスクを優良業者で軽減

現金化業者を利用すれば、現金化の手続きやリスク対策をすべてプロにお任せできます。さらに、カード会社にバレず、高い換金率が保証された優良業者を選べば、安心して現金化を行えます。
「カード事故0件」とは、業者を利用した人々のクレジットカードが、現金化に関連して停止された事例が一切ないことを示す実績です。この実績のある業者を選択することで、現金化がカード会社に露見するリスクを最小限に抑えることができます。

また、「換金率保証」は、利用金額に対する最低換金率を提供し、実際の換金率がその水準を下回らないことを保証するサービスです。換金率保証を利用すれば、ウェブサイトに表示された換金率で現金化が可能です。

クレジットカード現金化において業者の選択が重要

クレジットカード現金化の定義、仕組み、リスク軽減策について詳しく説明しました。
急な現金需要や口座に現金が不足しているとき、クレジットカード現金化は現金を用意するための手段として便利です。ただし、安易な現金化はリスクが高いため、信頼性のあるクレジットカード現金化優良業者を選択し、リスクを最小限に抑えるようにしましょう。

クレジットカード現金化が必要な場合、この記事で紹介した業者選びのヒントを参考に、安心できるクレジットカード現金化の優良業者を選びましょう。